自動車保険 見直し

---------- サイトメニュー --------------------------------------------------------------

トップ(ホーム)東京海上日動ソニー損保チューリッヒ三井ダイレクトゼネラリそんぽ24

顧客に合ったプランから選べる

そんぽ24も、ソニー損保や三井ダイレクト損保と同様、国内保険会社の通販型自動車保険です。

特徴は、補償内容のわかりやすさに加えて、いわゆる代理店を通さないダイレクト系の保険ならではの安価で充実したサービスになっている点でしょう。

トラブルへの対応サービスは、無料サポートと銘打って、充実した内容のものが用意され、日本興亜損保の全国ネットワークと連携できることがそんぽ24の強みになっています。

例えば、日本全国に拠点を置くロードサービスがあり、故障やパンクによるトラブル、キー閉じ込み、バッテリー上がりの時のエンジンスタートなど、突発的なトラブルに対応してくれます。

独自の利率システムを採用し、年間走行距離や免許証の色で割引するなど、保険料を安くする工夫が様々に行われており、インターネットで契約する場合の割引も5%になっています。

補償内容の面でも、そんぽ24では顧客のニーズに合わせた様々なプランがあり、例えば、

・対人賠償保険、対物賠償保険、無保険車保険、人身傷害保険、搭乗者傷害保険をセットにしたフルセットプラン
・フルセットプランから人身傷害保険を抜いたスタンダードプラン
・搭乗者傷害保険を抜いたバリュープラン

などが用意されています。

これらの内容の契約が、面倒な書類等もなしに比較的簡単にできるため、そんぽ24の自動車保険は、忙しくて契約のための手続きなどに時間をかけられない人に最適だといえるでしょう。


「ハナコアラ」のCMでおなじみ

そんぽ24の自動車保険は、「ハナコアラ」とユニークなCMソングですっかりお茶の間のお馴染みになった感じですが、ネーミングからも分るように外資系ではなく、日本興亜損保系列の自動車保険会社です。

残念ながら事故対応面が弱いのではないかという口コミ評価を目にすることもありますが、事故対応でも実績のある日本興亜損保と連携するなど対応強化の手が打たれているようです。

手軽すぎることが逆に二の足を踏ませるという面もあるかもしれませんが、人身傷害保険では示談交渉を待たずに保険金が出るというメリットも考慮するべきでしょう。

そんぽ24の売りである保険料の安さと契約の手軽さが重要という方にとって検討の価値のある自動車保険です。


(クルマの話あれこれ)
愛車を下取りでなく車買取店で査定してもらうケースが増えていますが、買取店の査定額に有効期限があるのをご存知ですか?
中古車オークションに出すことを前提に査定しているからオークション相場に影響されるようです。

---------- サイトメニュー --------------------------------------------------------------

トップ(ホーム)東京海上日動ソニー損保チューリッヒ三井ダイレクトゼネラリそんぽ24